ゲーミングPCの価格相場は?平均予算別のおすすめモデルも紹介

ゲーミングPCの価格相場は?

ゲーミングPCの価格はCPU、グラフィックボード、メモリといった主要パーツによって大幅に変わるため、どれほどの予算を見積もれば良いのか迷ってしまうと思います。

本記事では、ゲーミングPCの価格相場と、予算に応じたおすすめモデルについて詳しく解説します。

自分のニーズに合わせたゲーミングPCを探している方の参考となる記事となっているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

ゲーミングPC本体の価格相場

ゲーミングPC本体の価格相場は?

ゲーミングPCの価格は搭載パーツや保証によって大きな差があり、主に下記3つの価格帯があります。

各モデルの特徴について詳しく解説します。

エントリーモデル(15万円前後)

エントリーモデルである15万円前後のゲーミングPCは、性能の妥協は必要ではあるものの、最も人気な価格帯です。

この価格帯のPCは、フルHD解像度で高いパフォーマンスを発揮し、一部はWQHD解像度にも対応しています。

コストパフォーマンスを重視しつつも、主要なゲームタイトルを楽しむには十分な能力を持つモデルが多いのが特徴です。

新しいパーツを搭載しているものから、コストを抑えるために前世代のパーツを使用しているものまで、幅広い選択肢が用意されています。

ビットコインの高騰もあって、2024年3月以降は高騰気味ではあるものの、初めてのゲーミングPCにおすすめの価格帯です。

編集長

ゲームによってはグラフィック設定に妥協が必要になるものの、フルHDでゲームを遊ぶ方におすすめの価格帯です!

ミドルモデル(20万円前後)

ミドルモデルのゲーミングPCでは、FPSゲームであればフルHDで240fpsを超える高いフレームレートでゲームプレイが可能です。

ゲームによってはWQHD以上の高解像度においても100FPS以上でプレイできます。

32GBメモリや、1TB SSDを選択できるため、ゲームのロード時間の短縮だけでなくゲーム配信も可能です。

「RTX4070」と「Core i7-14700F」で構成されたモデルが一般的ですが、CPUを少し妥協することで、「RTX4070SUPER」を搭載したモデルも購入できます。

ゲームのグラフィック設定などで妥協する必要も無いので、最もおすすめな価格帯です。

編集長

基本的にどんなゲームでも快適に遊べるので、一番おすすめな価格帯です!

ハイエンドモデル(30万円前後)

30万円前後のゲーミングPCでは、WQHD、4Kにおいても最新ゲームを高画質設定で快適に楽しむことができます。

「RTX 4070SUPER」と「Core i7-14700F」の構成が基本となりますが、メーカー次第では「RTX4080SUPER」搭載モデルにも手が届きます。

標準的な構成としては、32GBメモリと1TB~2TB SSDが主流です。

動画編集やライブ配信などのクリエイティブな作業にも充分対応する性能を備えている玄人志向な価格帯と言えます。

編集長

4K解像度で快適なゲームプレイがしたい方、プロゲーマーやVTuberを目指している方におすすめの価格帯です!

ゲーミングPC周辺機器の価格相場

ゲーミングPC周辺機器の価格相場

ゲーミングPCは主にデスクトップPCとなるため、快適に遊ぶためには相応の周辺機器が必要となります。

主に下記4つのデバイスが必要です。

こちらもそれぞれ詳しく解説していきます。

モニター(3万円~10万円)

ゲームの映像を鮮明に表示するモニターも、そのゲーム環境を大きく左右するため重要です。

通常のPC用モニターでもゲームをプレイすることは可能ですが、FPSゲームのように、細かな動きがゲームの成否を分ける場合、「ゲーミングモニター」の選択がおすすめとされます。

ゲーミングモニターは、高リフレッシュレートと低遅延を特徴としており、反応速度が求められるゲームにおいて性能を発揮します。

通常のモニターと比べて遅延が少ないため、瞬時の判断が必要なゲームプレイをサポートし、高性能なゲーミングPCの能力を存分に引き出すことが可能です。

モニターの価格はサイズや解像度、リフレッシュレートによって異なりますが、3万円から10万円程の範囲と幅が広く、ハイエンドモデルのゲーミングPCを購入した場合は、10万円を超えるゲーミングモニターも選択肢に入ります。

>>ゲーミングモニターおすすめランキングをチェックする(別ページへ)

マウス(3,000円~2万円)

ゲーミングPCでのゲームプレイにおいて、マウスの購入は不可欠です。

マウスの価格は、3,000円から20,000円程と幅広く、選択肢の多さが特徴です。

スクロール方式や、ゲーム中に役立つショートカットボタンのカスタマイズが可能なモデルなど、プレイスタイルに合わせて多数のモデルが存在します。

ゲーム向けに設計されたゲーミングマウスは、5,000円以上で販売されていることが多く、快適なゲームプレイを実現するためには、マウスにも1万円程の予算を掛けることをおすすめします。

しかし、コントローラーでプレイする場合であれば、1,000円程度の通常マウスでも問題ありません。

>>ゲーミングマウスおすすめランキングをチェックする(別ページへ)

キーボード(3,000円~3万円)

ゲーミングPCを使ったゲームプレイでは、キーボード操作の快適性も重要です。

FPSゲーム、MOBAなどの対人ゲームにおいてはキーボードの性能もゲームの勝敗に影響します。

キーボードの価格帯は、3,000円から30,000円程度と幅広く、テンキーレスモデルや複数キーを同時に押した際にも正確に入力を認識するキーロールオーバー機能付きのものなど、多岐にわたります。

ゲーム用途においてはメカニカルキーボードがおすすめですが、自分の好みのプレイスタイルや必要性に合わせて選ぶ事が重要です。

ゲーミングノートPCを購入した場合、キーボードはすでに内蔵されているため、別途キーボードを購入する必要はありません。

しかし、より快適なゲームプレイを求めるなら、追加のキーボードを購入するのもおすすめです。

>>ゲーミングキーボードおすすめランキングをチェックする(別ページへ)

ヘッドセット(5,000円~3万円)

ヘッドセットを使用することで、ゲーム内の音響をよりリアルに体験することができます。

友達とのオンライン協力プレイにおいてコミュニケーションを円滑にするためにも、ゲーミングヘッドセットの購入はおすすめです。

安いゲーミングヘッドセットであれば5,000円程で購入ができ、イコライザー機能などの高度な機能を備えたモデルの場合、15,000円~30,000円程で購入できます。

自宅に既にスピーカーがある場合は、ヘッドセットは絶対に必要というわけではありませんが、ゲームの没入感、ボイスチャットを重視するのであればゲーミングヘッドセットを使用しましょう。

>>ゲーミングヘッドセットおすすめランキングをチェックする(別ページへ)

価格帯別おすすめゲーミングPC

ここからは、おすすめのゲーミングPCを価格帯別に紹介します。

エントリーモデル、ミドルモデル、ハイエンドモデルから1つずつ紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

エントリーモデル:GALLERIA RM5R-R46T

GALLERIA RM5R-R46T

\ 最安値を調べよう /

商品名GALLERIA RM5R-R46T
メーカードスパラ
定価144,980円(税込)
GPUGeForce RTX 4060 Ti 8GB
CPUAMD Ryzen 5 4500
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
おすすめPoint
  • RTX4060Ti搭載ゲーミングPCの中でも15万円以下という低価格
  • 人気FPSゲーム「APEX」がフルHD144FPSでプレイできるスペック

GALLERIA RM5R-R46Tは、人気ゲーミングPCブランド「ガレリア」を展開しているドスパラが販売中のエントリーモデルゲーミングPCです。

このモデルは、コストパフォーマンスに優れたCPUである「Ryzen 5 4500」 と、エントリーモデルの中でも高性能なグラボである「RTX4060Ti」を組み合わせています。

RTX4060Tiの採用により、一般的なエントリーモデルのPCを超えるゲームパフォーマンスを実現。

GALLERIA RM5R-R46T

効率的なエアフロー設計を採用しているため、高い排熱効率を誇り、長時間のプレイにも対応する安定したfps値を維持します。

標準で16GBのメモリと500GB SSDを搭載しており、ユーザーのニーズに合わせてメモリやストレージの拡張が可能です。

GPUや電源などのパーツのアップグレードを見据えているユーザーにも最適なので、長期にわたる使用にも対応する設計となっています。

GALLERIA RM5R-R46Tは、15万円以下でもゲーム性能が出来るだけ高いゲーミングPCが欲しい方におすすめのモデルですよ!

編集長

CPU性能が弱いためクリエイティブ作業には向きませんが、ゲームにおいては十分な性能を発揮します!

ミドルモデル:NEXTGEAR JG-A7G70

NEXTGEAR JG-A7G70

\ 最安値を調べよう /

商品名NEXTGEAR JG-A7G70
メーカーマウスコンピューター
定価194,800円(税込)
GPUGeForce RTX 4070
CPUAMD Ryzen7 5700X
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
おすすめPoint
  • 24時間365日サポート&通常3年保証なので初心者におすすめ
  • 一般的には22万円を超えるRTX4070搭載モデルが20万円以下という安さ

NEXTGEAR JG-A7G70は、大手PCメーカーであるマウスコンピューターのECサイト限定ブランド「NEXTGEAR」から販売されているミドルモデルのゲーミングPCです。

このモデルは「Ryzen 7 5700X」と「RTX 4070」を組み合わせているため、価格の安さと高い性能を実現しています。

Ryzen7 5700XとRTX 4070との組み合わせは、フルHD環境においてボトルネックとなりやすいものの、WQHD高解像度などを重視するユーザーにとって、コスパの良いモデルとなります。

そのため、高解像度ゲームプレイにおいて性能を発揮し、高フレームレートで綺麗なゲームプレイを実現します。

他社を含めたRTX4070を搭載するゲーミングPCの中で、最もコストパフォーマンスに優れるモデルの一つと言えます。

NEXTGEAR JG-A7G70

メモリは16GB、ストレージには1TBのSSDが採用されているため、高速な読み書き速度と大容量のデータストレージが確保されます。

価格とゲーム性能のバランスを求めるユーザーにとって、最適と言えるゲーミングPCです。

NEXTGEAR JG-A7G70は、本体価格が20万円以下で重いゲームをWQHDでも快適に楽しみたいという方におすすめなゲーミングPCですよ!

編集長

エントリーモデルで紹介したゲーミングPC同様にクリエイティブ作業ではCPUがネックとなりますが、ゲーム性能においてはコスパ最強と言えるモデルです!

ハイエンドモデル:GALLERIA XA7C-R47TS

GALLERIA XA7C-R47TS

\ 最安値を調べよう /

商品名GALLERIA XA7C-R47TS
メーカードスパラ
定価329,980円(税込)
GPUGeForce RTX 4070 Ti SUPER
CPUIntel Core i7-14700F
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
おすすめPoint
  • 高性能パーツのみで構成されているため、ゲーム設定に妥協する必要が無い
  • ゲームに限らず配信、編集などのクリエイティブ用途においても十分な性能を発揮

GALLERIA XA7C-R47TSは、人気ゲーミングPCメーカーのドスパラが販売しているハイエンドモデルのゲーミングPCです。

このモデルは、最新の第14世代CPU「Core i7-14700F」と2024年1月に発売されたばかりの「RTX 4070 Ti SUPER」を搭載しているため、圧倒的なゲーム性能を誇っています。

重いゲームをプレイしていても、WQHD解像度だけでなく4K解像度においても、60FPS以上の高フレームレートで快適にプレイ可能です。

前面パネルには使いやすさを考慮した45度傾斜のコンソールパネルがあるため、デバイスが接続しやすい。

GALLERIA XA7C-R47TS

32GBのメモリを備え、大容量の1TB NVMe SSDにより、ゲームやアプリケーションの読み込み時間を大幅に短縮します。

デザインにもこだわり、前面パネルには使いやすさを考慮した45度の傾斜がついたコンソールパネルがあり、高度な冷却設計によりどこに置いてもエアフローの効率が落ちにくいです。

GALLERIA XA7C-R47TSは、予算が高くても良いので性能に一切の妥協をしたくないという方におすすめなゲーミングPCですよ!

編集長

RTX4070TiSUPERはRTX40シリーズの中でに最もコスパと性能に優れたグラボです!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次