MENU
スマホゲーム最新人気ランキング

無課金でもめちゃくちゃ楽しい!
今人気のあるおすすめのソシャゲはこれだ!

\ ポイント最大11倍! /

【ゲーム配信】初心者に最適!キャプチャーボードおすすめランキング

ゲーム配信に最適!初心者におすすめのキャプチャーボードランキング

PS5やPS4、switchなどのゲームを録画、配信するためにはキャプチャーボードが必要です。

今回の記事では、4Kに対応したキャプチャーボード時間を遡って動画を保存できるキャプチャーボードなど、魅力的なおすすめのキャプチャーボードを5選紹介しています。

キャプチャーボードの概要キャプチャーボードの選び方についても詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

キャプチャーボードとは?

キャプチャーボードとは

キャプチャーボードは、YouTubeなどでゲーム配信をする際に必要なデバイスです。

キャプチャーボードを経由してPCとゲーム機を接続することで、接続したゲーム機のプレイ画面をPCに取り込むことができます。

キャプチャーボードを使用するとPS5やPS4、switchなど様々なゲーム機の配信が可能で、使用するためにはキャプチャーソフトと呼ばれる専用のソフトもあわせて必要です。

また、ゲームのプレイ画面だけでなくPCの画面を取り込むこともできるので、配信をするにあたって必須級のデバイスとなっています。

キャプチャーボードには、ケーブルを使ってゲーム機とPCを接続する外付け型と、パソコン本体の内部に直接取り付ける内蔵型の2種類が存在します。

外付け型と内蔵型それぞれに特徴があるので、自分のPCや使用用途にあったものを選びましょう。

外付け型

外付け型は、USBなどのケーブルを利用して、PCに直接接続するタイプのキャプチャーボードです。

外付け型のキャプチャーボードには、ケーブルを使って簡単にゲーム機とPCを接続できるというメリットがあります。

PCのケースを外して取り付けるという手間がないので、機械が苦手な方やPC初心者の方におすすめです。

ノートPCなどのカスタム性が低いモデルでは、内蔵型のキャプチャーボードを取り付けるスペースがないので、外付け型のキャプチャーボードを選びましょう。

ただし、外付け型のキャプチャーボードは、モデルによっては遅延が発生する場合があります。

内蔵型

内蔵型は、PCの内部に直接取り付けて使用するタイプのキャプチャーボードです。

一度取り付けてしまえば、簡単にゲームのプレイ画面を出力でき、キャプチャーボードを置くスペースを気にする必要がありません。

また、内蔵型のキャプチャーボードは、低遅延で使用できるモデルが多く安定性に優れています。

PCを分解して内部にキャプチャーボードを取り付ける必要があるため、上級者におすすめです。

ただし、キャプチャーボードを取り付けるスペースがないノートPCや、接続スロットがないPCは取り付けられないので注意が必要です。

キャプチャーボードの選び方

キャプチャーボードの選び方

キャプチャーボードは様々な種類が存在し、使用するゲーム機や配信内容によって最適なモデルが異なります。

この項目では、キャプチャーボードの選び方について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

エンコード方式で選ぶ

エンコードとは、録画した動画のファイルサイズや形式を、動画配信サービスに対応しているものに変換する作業のことです。

エンコードをすることによって、動画のサイズを圧縮してストレージを節約したりアップロード時間を短縮したりすることができます。

キャプチャーボードのエンコードの方式は、「ソフトウェアエンコード」と「ハードウェアエンコード」の2種類です。

「ソフトウェアエンコード」は、PC本体のCPUを使用してエンコードする方式です。

「ソフトウェアエンコード」には、遅延が少なくキャプチャーボードを経由した画面を見ながらでもゲームをプレイしやすいといったメリットがあります。

ただし、エンコードの負荷がPCへ直接かかってしまうので、PCスペックが高い方におすすめです。

「ハードウェアエンコード」は、キャプチャーボードに内蔵されているチップでエンコードをおこなう方式です。

遅延が大きいためキャプチャーボードを介した画面でのプレイは難しいですが、低スペックのPCでも使用することができます。

自身のPCスペックや配信環境にあわせたエンコード方式のキャプチャーボードを選びましょう。

パススルー機能の有無で選ぶ

遅延が少ない「ソフトウェアエンコード」のキャプチャーボードを使用しても、通常のプレイ画面と比べると遅延が発生します。

配信しながら遅延なしの画面をモニターに表示したい方は、パススルー機能が搭載されたキャプチャーボードを使用しましょう。

パススルー機能は、モニターとキャプチャーボードをHDMIケーブルなどで接続することで、低遅延のプレイ画面を表示できる機能です。

FPSやTPS、アクションゲームなどの動きが激しいジャンルのゲームを配信しながらプレイするには必須です。

プレイするゲームのジャンルによってパススルー機能の必要性が異なるので、プレイするゲームにあわせて選びましょう。

キャプチャーボードおすすめランキング

初心者でも使いやすくコスパの良いおすすめのキャプチャーボードをランキング形式でご紹介していきます。

1位 ASUS TUF GAMING CAPTURE BOX-CU4K30

ASUS TUF GAMING CAPTURE BOX-CU4K30
商品名TUF GAMING CAPTURE BOX-CU4K30
メーカーASUS
定価32,910円(税込)
キャプチャーボード形式外付け型キャプチャーボード
エンコード方式ソフトウェアエンコード
パススルー機能
映像解像度(入力) 4K/60fps、2K/144fps、1080p/240fps
最大映像解像度(録画)2160p/30fps、1440p/60fps、1080p/120fps
おすすめPoint
  • 4K/60fps、2K/144fps、1080p/240fpsの環境でゲームを表示できる
  • ヘッドセッドやコントローラーをキャプチャーボード本体に接続可能

ASUS製の高性能な外付け型のキャプチャーボード「TUF GAMING CAPTURE BOX-CU4K30」。

「TUF GAMING CAPTURE BOX-CU4K30」は、4K解像度に対応した外付け型のキャプチャーボードです。

パススルー機能で4K/60fps、2K/144fps、1080p/240fpsのプレイ画面をモニターに表示できるので、快適な環境でゲームをプレイしながら録画できる外付けキャプチャーボードを探している方におすすめです。

RGBライティングでキャプチャーボードが光るので、キャプチャーボードの動作状況をすぐに確認できます。

ASUS TUF GAMING CAPTURE BOX-CU4K30 機能

「TUF GAMING CAPTURE BOX-CU4K30」は、キャプチャーボード本体にヘッドセッドやコントローラーを接続でき、専用ソフトで音量調整をすることも可能です。

外付け型なのでPCを分解する必要もなく、ヘッドセッドやコントローラーも直感的に接続できるので、キャプチャーボード初心者の方におすすめです。

高性能で様々な機能が備わっている外付けキャプチャーボードを探している方は、「TUF GAMING CAPTURE BOX-CU4K30」を検討してみてください。

編集長

ピカピカ光る外付けキャプチャーボード!
高性能なキャプチャーボードが欲しい方におすすめです!

購入者からのレビュー
  • 届いたらすぐに使えて動作も安定していたので良かった。
  • 値段はそこそこ高いが、その分以上に性能が良いのでコストパフォーマンスに優れている。
  • 公式サイトからダウンロードできるドライバーも使い勝手が良く素晴らしい。
ASUS
¥32,910 (2023/12/03 13:52時点 | Yahooショッピング調べ)

2位 AVerMedia LiveGamer Portable2PLUS AVT-C878PLUS

AVerMedia LiveGamer Portable2PLUS AVT-C878PLUS
商品名LiveGamer Portable2PLUS AVT-C878PLUS
メーカーAVerMedia
定価26,950円(税込)
キャプチャーボード形式外付け型キャプチャーボード
エンコード方式ハードウェアエンコード
パススルー機能
映像解像度(入力) 3840 x 2160p/60fps
最大映像解像度(録画)1920 x 1080/60fps
おすすめPoint
  • 低スペックPCやノートPCでも使用できる要求スペックのキャプチャーボード
  • 単体録画機能搭載でPCが無くてもゲーム画面を録画できる

AVerMedia製の外付けキャプチャーボード「LiveGamer Portable2PLUS AVT-C878PLUS」。

「LiveGamer Portable2PLUS AVT-C878PLUS」は、PCスペックの要求値が低いハードウェアエンコードのキャプチャーボードです。

単体録画機能を搭載しているので、PCと接続しなくてもゲームのプレイ動画を録画することができます。

ハードウェアエンコードなので、PCと接続する際もPC負荷が少なく、PCスペックに自信がない方におすすめです。

AVerMedia LiveGamer Portable2PLUS AVT-C878PLUS 機能

専用ソフトの「RECentral」も簡単に録画や配信をおこなうことができる仕様なので、キャプチャーボード初心者でも安心して使用できます。

機械やガジェットが苦手な方は、「LiveGamer Portable2PLUS AVT-C878PLUS」を検討してみてください。

編集長

PC関連の知識がなくても使いやすいキャプチャーボードです!
要求スペックも低いので、低スペックPCやノートPCでも安心!

購入者からのレビュー
  • iPhoneやiPadから映像をキャプチャーする場合でも安定した動作が良い。
  • GPUに低負担なので処理落ちやカクツキも無く、ヌルヌル動画で配信も可能。
  • 本体が小さいので置く場所に困らない。
¥26,950 (2023/12/03 14:25時点 | Yahooショッピング調べ)

3位 Elgato Game Capture HD60 X 10GBE9901

Elgato Game Capture HD60 X 10GBE9901
商品名Game Capture HD60 X 10GBE9901
メーカーElgato
定価21,980円(税込)
キャプチャーボード形式外付け型キャプチャーボード
エンコード方式ソフトウェアエンコード
パススルー機能
映像解像度(入力) 2160p/30fps、1440p/60fps、1080p/60fps
最大映像解像度(録画)2160p/60fps、1440p/120fps、1080p/240fps
おすすめPoint
  • 4K解像度、リフレッシュレート60fpsに対応したキャプチャーボード
  • 時間を遡って動画を保存できる「FlashBack録画」が便利

Elgato製の外付け型キャプチャーボード「Game Capture HD60 X 10GBE9901」。

「Game Capture HD60 X 10GBE9901」は、4K解像度、リフレッシュレート60fpsに対応したキャプチャーボードです。

パススルー機能で60fpsのプレイ画面を表示できるので、PS5やPS4、XBOX、switchでの使用に向いています。

録画をスタートしていなくても数時間前まで遡って動画を保存できる「FlashBack録画」が特徴です。

Elgato Game Capture HD60 X 10GBE9901 機能

「FlashBack録画」は、「録画を回していなかったけど、動画にしたいプレイをした!」というときに活躍してくれます。

録画をスタートするのを忘れてしまっていても安心なので、配信や動画投稿初心者の方におすすめです。

編集長

急に録画したくなった時も安心のキャプチャーボードです!

購入者からのレビュー
  • パススルー機能によって高解像度でのゲームプレイが滑らかにおこなえる。
  • 様々なストリーミングプラットフォームと互換性があるので使いやすい。
¥21,980 (2023/12/03 14:44時点 | Yahooショッピング調べ)

4位 I-O DATA HDMIキャプチャー GV-US2C/HD

I-O DATA HDMIキャプチャー GV-US2C/HD
商品名DATA HDMIキャプチャー GV-US2C/HD
メーカーI-O DATA
定価17,432円(税込)
キャプチャーボード形式外付け型キャプチャーボード
エンコード方式ハードウェアエンコード
パススルー機能
映像解像度(入力) 3840×2160/24fps・30fps・60fps
最大映像解像度(録画)3840×2160/24fps・30fps・60fps
おすすめPoint
  • コストパフォーマンスに優れたキャプチャーボード
  • 4K対応で低スペックPCでも様々なゲームの録画が可能

I-O DATA製の外付け型キャプチャーボード「HDMIキャプチャー GV-US2C/HD」。

「HDMIキャプチャー GV-US2C/HD」は20,000円以下で購入できるコストパフォーマンスに優れたキャプチャーボードです。

4K解像度に対応しているハードウェアエンコードのキャプチャーボードで、低スペックPCでも様々なゲームの録画をできます。

I-O DATA HDMIキャプチャー GV-US2C/HD 機能

キャプチャーボードに挿したSDカードを使って、PCなしで録画できる「単体録画モード」も「HDMIキャプチャー GV-US2C/HD」の特徴の1つです。

コストパフォーマンスに優れたハードウェアエンコードのキャプチャーボードを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

編集長

コストパフォーマンスに優れたキャプチャーボード!
配信用のサブPCで使用したい方におすすめです!

購入者からのレビュー
  • 遅延も少なく綺麗に映像が映り最高です。
  • ハイスペックなPCが無くても動画を綺麗に簡単にボタン1つで録画できる。
I-O DATA
¥17,432 (2023/12/03 15:01時点 | Yahooショッピング調べ)

5位 AVerMedia Live Gamer 4K GC573

AVerMedia Live Gamer 4K GC573
商品名Live Gamer 4K GC573
メーカーAVerMedia
定価34,800円(税込)
キャプチャーボード形式内蔵型キャプチャーボード
エンコード方式ソフトウェアエンコード
パススルー機能
映像解像度(入力) 3840 x 2160/60fps or 1920 x 1080/240fps
最大映像解像度(録画)3840 x 2160/60fps or 1920 x 1080/240fps
おすすめPoint
  • 3種類の発行パターンでRGBライティングを設定可能な内蔵型キャプチャーボード
  • 4K/60fps、1080p/240fpsプレイ画面をモニターに表示できる

AVerMedia製の高性能な内蔵型キャプチャーボード「Live Gamer 4K GC573」。

「Live Gamer 4K GC573」は、4K解像度に対応した高性能な内蔵型キャプチャーボードです。

パススルー機能もしっかりと搭載しており、低遅延環境の4K/60fps、1080p/240fpsプレイ画面をモニターに表示して快適にプレイできます。

フルHD環境での240fps録画に対応しているので、FPSやTPSなどの激しいゲームも鮮明に録画できます。

AVerMedia Live Gamer 4K GC573 機能

3種類の発行パターンでRGBライティングを設定できるので、PCの中をゲーミング仕様に光らせたい方にもおすすめです。

内蔵型なのでPCを分解して取り付ける必要がありますが、その分動作は安定しているので、ぜひ検討してみてください。

編集長

ゲーミング仕様の内蔵型キャプチャーボードです!
高性能な内蔵型キャプチャーボードが欲しい方におすすめ!

購入者からのレビュー
  • 4K環境でもヌルヌル動作するので高性能な内蔵型キャプチャーボード探している方におすすめ。
  • PCスペックの要求値が高いが、その分性能が良いのでおすすめ。
  • わかりやすくて動作が安定しているので初心者でも使いやすい。
AVerMedia
¥34,800 (2023/12/03 14:15時点 | Yahooショッピング調べ)

コメント

コメントする

目次